腰痛・肩こり・頭痛・耳ツボダイエットのことなら福岡県北九州市若松区の整体院【東カイロプラクティック】のメニューバー
日本カイロプラクティック徒手医学会
2007年9月8・9日開催 日本カイロプラクティック徒手医学会のポスター日本カイロプラクティック徒手医学会とは日本最大のカイロプラクティックを中心とした手技療法の学術大会です。

非常に高度な学術レベルの大会で、全国のD.Cといわれるアメリカ合衆国で国家資格を取得された先生方も全員会員登録されています。東カイロプラクティック院長の私もこの会の評議員を務めています。

今回、2007年9月8・9日に静岡で開催される大会で
私もポスター発表してきました。盛況のなかで5〜6名の先生方に実際に私のテクニックNMRTを体験をして頂いて大変喜ばれました。(時間があればもっと多くの先生方に体験してほしかったなー)

大会の素晴しい講演を聞いて大いに感動させられ、また、自分の治療に生かせる内容が盛りだくさんでした。(
講演の先生方に感謝感謝です!

タイトルは
『膀胱内圧上昇に起因すると思われる腰痛の一症例』この症例は実際に当院で治療した患者さまの許可を頂いて発表致しました。
学会でのポスター発表の様子!
歩行と運動』のテーマで開催されました。
2007年9月8・9日 『第9回日本カイロプラクティック徒手医学会学術大会
膀胱内圧上昇に起因すると思われる腰痛の一症例』のポスター発表用パネル前の私です。
前日はちゃんとスーツ・ネクタイをしていたのですが2日目はリラックスできる服装に・・・(^_^)ニコニコ

多くの先生方にご覧いただき、治療テクニックを体験していただきました。(本当にありがとうございました
私の師匠(治療家の達人)である馬場先生(向かって左)(福岡西カイロオフィス『すこやか』院長)と一緒に!
昨年度の論文の表彰式(私も2004年度に優秀賞を頂きました。
中川貴雄先生(左から2番目)・大場弘先生(右から3番目)(日本で特に有名なカイロの先生方です)
カイロの勉強を始める人が必ず読む本の著者でもあります。(著書多数)
私の所属する九州カイロ同友会の仲間です。(大牟田の荒木先生・大阪の田中先生演題発表中)
       
末續慎吾選手の走り方が「なんば走り」であるということで脚光をあびた常歩です。
常歩(なみあし)式 身体動作上達法』のテーマで小田伸午先生の講演を聞いて
感動して売店で上掲載の本を購入しました。(常歩秘宝館参照
治療家・スポーツ関係者必見のすばらしい内容でした!
歩行にあたえる体の特性って・・・』のテーマで小山田良治先生(スポーツマッサージ五体治療院代表
による講演から『
足首を背屈させると着地から次の動作が力強く俊敏になる』(常歩秘宝館参照
つま先ではなくかかとで地面を押すという非常に興味ある内容でした。(運動選手や治療家必見
TOP