腰痛・肩こり・頭痛・耳ツボダイエットのことなら福岡県北九州市若松区の整体院【東カイロプラクティック】のメニューバー
北九州市若松区の整体院【東カイロプラクティック】の耳ツボダイエットです。
耳ツボダイエット
耳介療法
耳介療法とは?

耳ツボ絵図耳介療法とは、治療目的に耳介を使用する方法である。耳介を用いること自体驚くべきことだが、この理由は、耳介には中枢神経系に複合的に連絡を持つ非常に多くの神経分布があるからなのです。

左の絵は耳介に投影された身体の各部位です。耳介には、前頭部、頭頂部に見られるソマトトピー機構(身体の一局所に全身が投影される機構)に非常に類似している機構が存在します。耳介上に人間の体形が投影されているのです。

それはちょうど胎児の形をしており、頭は耳の下部、耳たぶのあたりに位置し、手や足は耳介の上部にあたります。身体上の全てのポイントは耳介と関連を持っていることになり、身体のある部分が生理的バランスを失った時だけ、その部位の耳介上に相当するポイントに痛みなどの症状が現れます。

そのポイントを物理的に刺激(針・金粒等)することで、その反射機構により元々の障害が緩和されます。したがって、耳は車のダッシュボードのように様々な治療データを示すと同時に病気を治療する事が出来るコントロールセンターの役割をしているのです。このようにして耳介上のツボを刺激することで色々な病気を治す事に成功し発展してきた治療法です。
耳介療法の創始者 ポール・ノジェ
フランスの耳針治療家 ポールノジェ
医師であったポール・ノジェ(写真右)は、ある日偶然の出来事から耳に注目するようになりました。ノジェの診療所を訪れる患者さんの中の何人かが耳の一部に焼灼(焼きゴテで皮膚の一部を焼くこと)の痕を持っていました。

ノジェがその事を質問すると、「座骨神経痛で苦しんでいて、リヨンの先の方で耳を焼いてもらったら、スッカリ良くなった。」という返事でした。その時から彼は耳に対する絶え間ない研究と努力をかさね、鍼灸療法、心理療法、ホメオパシーなどの研究を通して1951年、耳介療法を生み出しました。

その後、フランス、リヨンにおいて研究を続ける一方、多くの患者を耳介療法により治療し、大きな成果を上げました。多くのフランス人および海外の医者からなるMSGL(France)の会長。長年の業績に対してSEP(医療進歩奨励学会)より、ヴァミール賞を受賞。ポール・ノジェ研究所所長。